HOME >  プロジェクト紹介(平成27年度) >  姫路名物手作りアーモンドバタープロジェクト

キラリひょうごプロジェクト紹介

姫路名物手作りアーモンドバタープロジェクト

<概要>

・ムッシュは旅行雑誌に観光名所として載る人気カフェを兵庫県姫路市で3店舗運営しています。
・人気商品は姫路名物アーモンドバターであり、ムッシュが元祖です。
・これまで卸売を通じて販売してきましたが、本プロジェクトを通じて自社のインターネット通販により力を入れ、アーモンドバターの魅力を全国へ発信していきます。

この事業のふるさと投資はこちら(外部サイトへリンク)

本プロジェクトの魅力

「秘密のケンミンshow」で紹介!姫路のご当地グルメ「アーモンドバター」

カフェ・ド・ムッシュ 網干店

2015年3月に改修が完了した、世界文化遺産の姫路城には日本国内からはもちろん、外国からも多くの観光客が訪れています。その姫路城を訪れた観光客の方が、ランチやコーヒーを楽しむというお店として観光ルートの一部に入っているのが、「カフェ・ド・ムッシュ」です。
姫路名物アーモンドバターの元祖として、「Sma STATION!!」や「秘密のケンミンshow」など数多くのTV番組に取り上げられ、旅行雑誌るるぶでも姫路を代表するB級グルメとして紹介されました。

ピーナッツバターは食べられたことがある方も多いと思いますが、アーモンドバターは未体験という方も多いのではないでしょうか。
味の特徴としては、ほんのりとした甘さでしつこくなく、コクのある味わいです。3種類の大きさのアーモンドを使用することにより、独特の食感を生み出しており、やや厚めのパンにたっぷりぬってこんがり焼くと、非常に香ばしくてどこか懐かしい味がします。一度食べるとやみつきになり、リピーターが多いのも特徴です。年間約50万食販売するムッシュのロングセラー商品です。

美味しさの秘密は「手作り」にあり!

平成22年に「秘密のケンミンshow」に取り上げられて以降、飛躍的に販売数量が増加しましたが、現在も昔と変わらずベテランスタッフによる「手作り」の製法を守り抜いています。原材料の混ざり具合や柔らかさは手作業でしか分からないため、一個一個手で作ることに徹底してこだわっています。「手作り」しか出来ない「食感」と「品質」にこだわってお客様に安心で安全な商品を届けています。

通常のプレーンに加え、抹茶味、黒ごま味、きな粉味等いろんな味が楽しめるのも人気の秘密です。

プロジェクトを通じて姫路名物アーモンドバターを全国へ発信!

数々のメディアに取り上げられたこともあり、知名度は徐々に上がりつつある状況ですが、これまでは自社の店舗での販売以外は地元のスーパーや百貨店が中心でした。(販売店一覧参照)

今回、キラリひょうごプロジェクトに選定されたことを機に、より自社のインターネット通販に力を入れ、アーモンドバターのファンを全国に増やしていくと同時に姫路のご当地食としての地位を確立し、「アーモンドバター」=「姫路名物」として幅広く認知されるよう、PR活動をしていきたいと考えています。

■アーモンドバター販売店一覧

・大阪府:大丸梅田店(地下2F)、京阪百貨店京橋店(地下1F)ほか
・京都府:大丸京都店 (地下1F)ほか
・兵庫県:大丸神戸店(地下1F)ほか
・愛知県:JR東海高島屋名古屋店(地下2F)ほか
・東京都:日本の御馳走えんコレド室町店、新丸ビル店、東京交通会館(地下1F)わくわく館ほか
その他全国の百貨店、スーパー等で販売しています。

営業者紹介

有限会社ムッシュ

昭和62年姫路市内でカフェレストラン「カフェ・ド・ムッシュ」(網干店)を創業。豊富なメニューとボリュームの多さが評判となり、店舗数を3店舗へ拡大。カフェレストラン創業時から、メニューとして自家製アーモンドバターを使用したアーモンドバタートーストを提供、来店客用に店舗でも小売りを開始。

■店舗

網干店

網干店

姫路店

姫路店

新在家店

新在家店

< 参考ウェブサイト >

代表取締役 治田 幸雄

代表者紹介

代表取締役
治田 幸雄

「朝から晩まで、どなた様でも気軽にご来店でき、1,000円でおなか一杯に満足できるお店を作りたい」と考え、カフェレストラン事業を創業。
レストランのメニュー、アーモンドバターともに手作りにこだわっており、食材も冷凍食品や業務用加工食品は一切使用しないことを信条としています。

代表メッセージ

自社の製品を売ることはもちろん重要ですが、キラリひょうごプロジェクトで、「姫路をもっと盛り上げていきたい」と考えています。
姫路城が世界遺産に認定されて以降、姫路には国内外から多くの観光客がお城の見学に訪れています。しかし、姫路には姫路城の他にも特色ある食文化や風土がある個性的な町でもあり、この点についてPRが不十分な状況です。

例えば、食文化ではショウガ醤油で食べる「姫路おでん」、和風だしの中華麺「まねきのえきそば」、播磨灘の鮮魚など、まだ広く知られていない「姫路名物」と呼ばれるものが数多くあります。
そしてそのひとつに数えられるのが、「アーモンドバター」です。

「アーモンドバター」は、全国有数の喫茶店数を誇る姫路から生まれ、子どもから高齢の方まで広く地域の人々に親しまれている食品です。
本事業で、弊社の「アーモンドバター」を全国にPRすることを通じて、全国の方が姫路の食文化や風土に興味を持ってもらうきっかけとなり、姫路全体がもっと活性化していくための一助になれればと考えています。

この事業のふるさと投資はこちら(外部サイトへリンク)

<ご注意(必ずお読みください)>

ふるさと投資は、元本及び分配金が保証されているものではありません。したがって事業者の財務、経営悪化などにより、損失が生じる可能性があるといったリスクが考えられます。本ホームページは投資勧誘を目的とするものではありません。また、本ホームページで紹介しているプロジェクトは、外部有識者を中心とした審査委員会の審査にもとづき選定していますが、前述のリスクを排除するものではありません。兵庫県及び(公財)ひょうご産業活性化センターは同プロジェクトに対する投資を行った結果に対し、一切の責任を負うものではありません。