HOME >  プロジェクト紹介(平成27年度) >  丹波産生乳で作る甘酒ミルクプロジェクト

キラリひょうごプロジェクト紹介

丹波産生乳で作る 甘酒ミルクプロジェクト

<概要>

自然豊かな兵庫県丹波市から、とれたて新鮮な牛乳や乳加工食品を製造し販売する丹波乳業。こだわりの製法で牛乳の本来持つ豊かな栄養素を損なうことなく、風味豊かで安心安全な乳製品にこだわっています。本プロジェクトでは新たに新商品として製造に取り組んでいる甘酒ミルクを全国へ発信します。

この事業のふるさと投資はこちら(外部サイトへリンク)

本プロジェクトの魅力

地域に愛される丹波乳業

丹波乳業株式会社は緑豊かで美しい自然に恵まれた兵庫県丹波市にあります。2014年に兵庫丹但酪農農業協同組合から事業継承し独立し、乳製品の製造加工・販売事業を開始しました。長く培ってきた商品や顧客もしっかりと引き継ぎつつも、新しいことへのチャレンジ、そしてより多くのファン獲得に社員一同取り組む活気あるフレッシュな企業です。

酪農生産者と共に育つことを大切に考え、そして消費者のみなさんから愛され、厚い支持を頂けるような企業でありたいという想いがとても強い事業者です。

朝が早い酪農業。お腹をすかせた牛は信頼する酪農家手製の食事を楽しみに待っています。
非遺伝子組み換え飼料が与えられ、毎日安心安全なミルクが搾乳されています。

真っ白な牛乳は一見どれも同じように見えます。
成分表記には表せない安心安全な牛乳は、家族同然に扱われ健やかで穏やかな牛たちからの恵みです。

丹波乳業の新しいこころみ「甘酒ミルク」

―甘酒は栄養の宝庫、発酵食品です―

甘酒は日本人に古くから親しまれてきたものです。新製品甘酒ミルクに使用する原材料は甘酒と牛乳のみ。甘酒は同じ丹波の歴史ある酒蔵、西山酒造場で仕込まれたものを使用し、糖類・防腐剤等無添加、ノンアルコールという良質なものです。
そして甘酒は天然ビタミン群や必須アミノ酸も含み、なにより甘酒は麹と米から作られる発酵食品です。
この甘酒と、栄養素を保持したままのフレッシュな丹波乳業のミルクが一緒になって「甘酒ミルク」が誕生します。

これらの新製品は全て天然のため、お子様からお年寄りまですべての皆さまに安心して召し上がって頂けますし、なにより乳製品が苦手という方にも是非牛乳の美味しさを知ってほしいという丹波乳業の願いから生まれた商品です。

営業者紹介

丹波乳業株式会社

丹波乳業のキャラクター「たんたんちゃん」

丹波乳業のキャラクター
「たんたんちゃん」

1949年に兵庫県丹波市で発足した
兵庫丹但酪農農業協同組合から事業継承し独立。
その際建物と設備の現物出資を受け、
製造加工販売部門を引き継ぎ営業を開始する。
丹波乳業株式会社発足を機にリニューアル商品も発表、
地元丹波市で「丹波産牛乳」のブランドを守る。
学校給食に採用されるなど地元地域でも消費者の生活になくてはならない企業です。

< 会社沿革 >

2014年(平成26年) 3月 兵庫丹但酪農農業協同組合から事業継承し独立、営業開始。
現社長が代表取締役に就任、現在に至る。

< 参考ウェブサイト >

代表取締役 吉田 拓洋

代表者紹介

代表取締役
吉田 拓洋

昭和49年生まれ。
平成12年帯広畜産大学畜産管理学科卒業後、牧場へ就職。
その後数か所での牧場研修を経て平成23年に兵庫丹但酪農農業協同組合理事に就任。
平成26年3月に丹波乳業株式会社代表取締役となる

代表メッセージ

みなさま、はじめまして。
私たち丹波乳業株式会社は、兵庫県丹波市で地元の酪農家が生産した生乳を用い、新鮮なまま牛乳とヨーグルトとして製造いたしております。
現在、契約している酪農家は26戸です。それぞれ丹波市に20戸、篠山市に1戸、朝来市に2戸、養父市に3戸の酪農家のみなさんが、毎日朝晩搾乳した生乳をその日のうちに工場へ運んでもらっています。
代表のわたくしもその26戸の酪農家の一人です。

酪農家の朝はとても早いです。ほとんどの酪農家が5時ごろには牛舎に入り作業を始めます。酪農家によっては4時から作業にかかる人もいます。
これからの季節、牛舎の気温もどんどん下がり、特に朝は手がかじかんで厳しい労働環境です。けれども酪農家はみんな牛が大好きで、特に丹波・但馬地方の酪農家は乳牛を家族のように世話をし、与えたエサを喜んで食べる様子を見ると疲れはみんな吹き飛びます。

その与えるエサも、丹波・但馬地方の酪農家はできるだけ自分たちで作ることに取り組んでいます。
この地方の農地は水田がほとんどです。水田を活用してエサ用の草を作り、牛糞からできる完熟たい肥をまた田んぼに戻すことを繰り返す「水田活用循環型酪農」に地域一帯で取り組んでいます。地力に富んだ田んぼは特産品である黒豆や大納言小豆を作ったら、とても大粒なよい作物がたくさん取れます。

今回、キラリひょうごプロジェクトで取り組みたいと考えている新商品開発は、志を同じくし地域の資源をもっともっとPRしたいと考えている西山酒造場さんとの共同開発品「甘酒ミルク」です。
西山酒造場さんは酒造場として酒米の生産にも取り組み、農産物も人も元気に皆さんに喜んでもらえるよう努力されています。

私たち丹波乳業は会社が事業を起こしてちょうど1年、まだまだ駆け出しです。
地域と農業を大切に思って考えている皆さんにお世話になりっぱなしの1年でした。
そんな私たちが、感謝の気持ちを込めてお届けします。試行錯誤の末、試作段階ではとても良い評価をいただいております。ですが多くの方に知っていただくにはしっかりとした広告宣伝が必要です。
どうぞみなさん、ご声援よろしくお願いいたします。

丹波乳業株式会社
代表取締役 吉田拓洋

この事業のふるさと投資はこちら(外部サイトへリンク)

<ご注意(必ずお読みください)>

ふるさと投資は、元本及び分配金が保証されているものではありません。したがって事業者の財務、経営悪化などにより、損失が生じる可能性があるといったリスクが考えられます。本ホームページは投資勧誘を目的とするものではありません。また、本ホームページで紹介しているプロジェクトは、外部有識者を中心とした審査委員会の審査にもとづき選定していますが、前述のリスクを排除するものではありません。兵庫県及び(公財)ひょうご産業活性化センターは同プロジェクトに対する投資を行った結果に対し、一切の責任を負うものではありません。